カルニチンはダイエットには不可欠

カルニチンとダイエット

カルニチンは、ダイエットにも効果的です。

 

 

そもそもダイエットとは、健康や美容などを目的として
食事の質や量を制限することです。

 

 

ちなみに海外では、痩せるための運動はダイエットとはいいません。

 

 

日本でダイエットと言えば、
痩せるための運動や生活習慣の改善の意味を指します。

 

 

多くの人が、ダイエット=運動や食事制限によって「痩せる」こと思っているようですが、
本当の意味でのダイエットとは、運動や食事量を管理して、適正な体重にしていくことなのです。

 

 

皆さんが思っているダイエットは「減量」のことなのです。

 

 

つまりは、ガリガリの痩せた人の場合、
適切な量の食事をして体重を増やす行為もダイエットといいます。

 

 

カルニチンは適切なダイエットに効果的な成分です。

 

 

特にカルニチンには、体脂肪の燃焼を活発にする効果があります。

 

 

ただし、カルニチンダイエットはただカルニチンを飲んでいれば良いというわけではありません。

 

 

カルニチンダイエットには、運動が必要不可欠です。

 

 

運動などで体がエネルギーを必要としているときに
体脂肪は分解されて脂肪酸となって血液中に飛び出します。

 

 

そして、脂肪酸は体の細胞のミトコンドリアでエネルギーの材料となって燃焼されるのです。

 

 

カルニチンは、体脂肪燃焼の働きの中でも
「脂肪酸をミトコンドリアへ運ぶ」働きを活発にし、体脂肪の燃焼を促進してくれます。

 

 

そのため、いくらカルニチンを摂取しても運動をしなければ意味がないということです。

 

 

ちなみに、運動の30分〜1時間くらい前にカルニチンを1000mg〜2000mgくらい摂取すれば、
脂肪酸のミトコンドリアへの運搬がスムーズになり、脂肪燃焼が活発になるでしょう。

 

 

また、カルニチンは他のサプリメントと組み合わせることでさらに効果的にダイエットできます。

 

 

脂肪燃焼のメカニズムとして、
@脂肪細胞から脂肪酸が血液中に飛び出す
A脂肪酸がミトコンドリアに運ばれる
Bミトコンドリアで、脂肪酸⇒エネルギーへ変換
というふうになってます。

 

 

カルニチンはAの働きを活発にします。

 

 

@の働きを活発にする成分として
・カフェイン
・コレウスフォルスコリ(フォルスコリン)
・緑茶エキス(EGCG)
・カプサイシン
・生姜エキス
・シネフリン(ビターオレンジ)
・共益リノール酸(CLA)

 

 

Bの働きを活発にする成分として
・コエンザイムQ10

 

 

これらの成分をカルニチンとうまく組み合わせ、
効率よくカルニチンダイエットをしましょう。