カルニチンは脂肪燃焼に最適

カルニチンと脂肪燃焼

カルニチン脂肪燃焼に有効です。

 

 

そもそも、脂肪細胞は、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の二種類があります。

 

 

白色脂肪細胞は、体の大半の脂肪細胞を占めており、
余ったエネルギーを脂肪として体内に蓄積する働きがあります。

 

 

胎児期・乳児期・思春期に集中して増殖する細胞で、
一度作られると数は減少しません。

 

 

ダイエットにおいて、脂肪燃焼の標的とされるのが白色脂肪細胞なのです。

 

 

一方、褐色脂肪細胞は、背中から肩甲骨、首周り、胸などに存在する脂肪細胞で、
エネルギー熱に変換する役割を持っており、加齢とともに減少していきします。

 

 

そして、脂肪燃焼のメカニズムとして、

 

@ノルアドレナリンやアドレナリンなどのホルモンが分泌され、
  脂肪分解酵素「リパーゼ」が活性化することで、
  脂肪細胞から脂肪酸が血液中に飛び出します。

 

A分解された脂肪細胞から放出された
  脂肪酸が筋肉細胞中のミトコンドリアに運ばれます。

 

B筋肉細胞中のミトコンドリアで、
  脂肪酸⇒エネルギーへ変換されて燃焼されます。

 

 

この流れがスムーズにいくことで
脂肪燃焼が促進され、体脂肪が燃えてくれます。

 

 

ちなみに、脂肪が脂肪酸に分解されても、
燃焼できなければ再び脂肪へと戻ってしまいます。

 

 

カルニチンは、Aの働きを効率的にし、脂肪燃焼を効率的に促進します。

 

 

ちなみに、脂肪酸はそのままの形では、ミトコンドリアに運び込まれません。

 

 

脂肪酸はアシルCoAに変換され、
カルニチンと結びつくことによって、アシルカルニチンに変換されます。

 

 

そして、アシルカルニチンになって、
はじめて、ミトコンドリアに入ることができます。

 

 

ということは、カルニチンが不足していると、
いくら頑張っても、脂肪酸がミトコンドリアに運ばれず、
脂肪燃焼できないということになります。

 

 

カルニチンは、体内で合成されますが、
加齢によってだんだんと合成能力が低下し、
特に30代以降になると合成力の衰えが加速します。

 

 

そうなると、不足してくるカルニチンを
積極的に外から摂取する必要があります。

 

 

その場合は、サプリメントでの摂取がいいでしょう。

 

 

特に、運動の30分〜1時間くらい前に、カルニチンを1000mg〜2000mgくらい摂取すれば、
脂肪酸のミトコンドリアへの運搬がスムーズになり、脂肪燃焼が活発になるでしょう。