カルニチンの摂取方法はこれだ

カルニチンの摂取方法

カルニチン摂取方法には、食事からの摂取方法とサプリメントからの摂取方法があります。

 

 

◆カルニチンの食事からの摂取方法
カルニチンは主に赤身の肉類に多く含まれています。

 

食材中のL-カルニチン含有量食材(mg/kg)

 

ヤギ肉 (2210mg)
仔羊肉 (1900mg)
牛肉 (1180mg)
豚肉 (274mg)
鶏肉 (80mg)
ロブスター (270mg)
岩ガキ (243mg)
マグロ (34mg)
鮭 (31mg)
ヨーグルト (41mg)
牛乳 (40mg)

 

このようにヤギ肉、ラム肉、牛肉に特に多く含まれていますが、
豚肉、鶏肉の場合はとカルニチンの含有量は少なめです。

 

ということは、カルニチンの摂取方法としては、肉類を多く食べた方がいいことになりますね。

 

しかし、肉類には脂質が多いため食べ過ぎはカロリーオーバーに繋がります。

 

そのため、食品だけでは
カルニチンを十分に摂取することができないのが現状です。

 

 

◆サプリメントでのカルニチンの摂取方法

 

サプリメントでの摂取方法ならぱ
カロリーを気にすることなく、効率的にカルニチンを摂取することができます。

 

カルニチンのサプリメントには、様々な形状の製品が販売されています。

 

カプセルタイプ、錠剤タイプ、粉末タイプ、液体タイプなどです。

 

コストが安いのは粉末タイプや液体タイプですが、
カルニチンの粉末は、すごく酸っぱいので正直飲みにくいです。

 

コスト重視は粉末タイプや液体タイプ、
飲みやすさ重視はカプセルタイプや錠剤タイプを選びましょう。

 

 

◆カルニチンの摂取方法やタイミング

 

脂肪燃焼が目的でのカルニチンの摂取方法は、
朝食後と運動前の摂取が効率的です。

 

運動の30分〜1時間くらい前に
カルニチンを1000mg〜2000mgくらい摂取すればいいでしょう。

 

運動しない日のカルニチンの摂取方法としては、
朝食、夕食と併せて摂るようにしましょう。

 

また、カフェインとカルニチンの組み合わせや、
コエンザイムQ10とカルニチンの組み合わせ、
共役リノール酸(CLA)とカルニチンの組み合わせは、
さらに脂肪燃焼の効果を高めてくれます。

 

摂取期間としては、最低でも1ヶ月〜3ヶ月は継続しましょう。

 

そうすることで、代謝が向上し、痩せやすい体質を手に入れることができます。