カルニチンとカフェインの組み合わせは強力

カルニチンとカフェイン

カルニチンカフェインは、脂肪燃焼において相乗効果が期待できます。

 

 

脂肪燃焼のメカニズムとして、
@ノルアドレナリンやアドレナリンなどのホルモンが分泌され、
  脂肪分解酵素「リパーゼ」が活性化することで、
  脂肪細胞から脂肪酸が血液中に飛び出します。

 

A分解された脂肪細胞から放出された
  脂肪酸が筋肉細胞中のミトコンドリアに運ばれます。

 

B筋肉細胞中のミトコンドリアで、
  脂肪酸⇒エネルギーへ変換されて燃焼されます。

 

 

カフェインは、@の効率を高め、、カルニチンはAを効率的にしてくれます。

 

 

カフェインを摂取することで、交感神経が興奮し、ノルアドレナリンが放出されます。

 

 

このノルアドレナリンが脂肪細胞を刺激することで、
遊離脂肪酸が血液中に放出され、それがミトコンドリアへ運ばれ、
ミトコンドリアで脂肪燃焼が促進されダイエットに効果的です。

 

 

また、、カフェインを摂取するだけで、安静時の基礎代謝が向上します。

 

 

また、カフェインを摂取して運動を行うと、
筋肉中のグリコーゲンよりも先に、脂肪をエネルギー源として利用できるため
効率的にダイエットをすることができます。

 

 

さらに、カフェインには、褐色脂肪細胞を活性化する働きがあります。

 

 

褐色脂肪細胞とは、肩甲骨周辺や腎臓、
心臓の周囲にある褐色の脂肪細胞で、体の体温を調節する役割を持っています。

 

 

これが活性化されると、体温が上昇し、
基礎代謝を上げることができダイエットの効率が上がります。

 

 

つまり、通常よりもかなり効率的に脂肪燃焼を促進してくれるのです。

 

 

これに、トレーニングや有酸素運動を合わせれば、
さらにダイエットに効果的です。

 

 

運動で効率的に脂肪燃焼させる場合は、
運動の約45分〜1時間前にカフェインを摂取します。

 

 

この場合のカフェインの摂取量は、
体重×3〜6mg程度をカフェイン摂取の基準とし、
上限は200mg前後で十分効果がでます。

 

 

ちなみに、カフェインを摂取し続けていると
耐性がついて、効果が薄れることを心配するかもしれません。

 

 

しかし、カフェイン摂取による耐性は、
覚醒作用についてであり、脂肪燃焼作用については、
カフェインを摂取し続けても効果が薄れることはありません。

 

 

また、カフェインを摂取する場合、
サプリメントで摂取するのであればいいのですが、
コーヒー等の飲料で摂取する場合は注意が必要です。

 

 

コーヒー等の飲料で摂取する場合、
ミルクや砂糖を加えてしまうと効果は少なくなります。

 

 

そのため、ダイエットを目的としてカフェインをコーヒー等で摂取する場合は、
ミルクや砂糖は入れないようにしましょう。

 

 

脂肪酸がカルニチンの働きによって
効率的にミトコンドリアへ運ばれ、ミトコンドリアで脂肪が燃焼されます。

 

 

つまり、カルニチンとカフェインを併用すると
通常よりも体脂肪の燃焼を促進してくれるのです。