カルニチンとコエンザイムQ10でダイエット

カルニチンとコエンザイムQ10

カルニチンコエンザイムQ10は、
脂肪燃焼において理想の組み合わせです。

 

 

コエンザイムQ10は、ミトコンドリア内に存在する補酵素で、
脂肪燃焼させるために重要な役割を持っています。

 

 

脂肪燃焼のメカニズムとして、
@ノルアドレナリンやアドレナリンなどのホルモンが分泌され、
  脂肪分解酵素「リパーゼ」が活性化することで、
  脂肪細胞から脂肪酸が血液中に飛び出します。

 

A分解された脂肪細胞から放出された
  脂肪酸が筋肉細胞中のミトコンドリアに運ばれます。

 

B筋肉細胞中のミトコンドリアで、
  脂肪酸⇒エネルギーへ変換されて燃焼されます。

 

 

コエンザイムQ10は、Bの効率を高め、カルニチンはAを効率的にしてくれます。

 

 

ミトコンドリアの中には、「電子伝達系」と呼ばれるエネルギー生成するシステムがあります。

 

 

ここで、脂肪酸を材料として電子伝達系でエネルギー化して消費します。

 

 

この脂肪酸をエネルギー化するためにコエンザイムQ10が必要になってきます。

 

 

コエンザイムQ10は、体内合成されますが、加齢によって合成能力が落ちてしまいます。

 

 

ピークは20代で、30〜40代になると体内での生産量は30%ほど減少してしまい、
80代では20代の半分以下の生産量になります。

 

 

そうすると、ミトコンドリアでエネルギー生成ができなくなります。

 

 

そうならないためにも、食事やサプリメントで
十分にコエンザイムQ10を摂取する必要があります。

 

 

反対に、コエンザイムQ10が体内に十分あれば、脂肪をどんどん燃焼します。

 

 

また、コエンザイムQ10は、脚のむくみ解消や、下半身のダイエットにも効果的です

 

 

通常ダイエットを行う場合、ほとんどの方は、下半身が痩せにくいと思っているでしょう。

 

 

これは、脂肪燃焼酵素である、脂肪燃焼リパーゼが下半身には少ないからです。

 

 

コエンザイムQ10を摂取することで、脂肪燃焼リパーゼを下半身まで充実させ、
さらには、脚の動脈を拡げて、血流を良くしてくれます。

 

 

また、下半身の血流が良くなることで、
水分代謝が良くなり、むくみを解消することができます。

 

 

効率的なダイエットには、コエンザイムQ10を上手に利用してみましょう。

 

 

また、コエンザイムQ10の量が不足すると、
摂取した栄養分はエネルギーに変換されず、脂肪として体内に蓄積されてしまうのです。

 

 

そのため、コエンザイムQ10を十分に摂取することは、体脂肪の蓄積を防ぎ、
ダイエット効果につながるということになります。

 

 

カルニチンは脂肪酸を、ミトコンドリアに運ぶ役割を持っています。

 

 

運ばれた脂肪酸は、ミトコンドリア内で燃焼され、エネルギーへ変換され脂肪が消費されます。

 

 

ということは、脂肪燃焼をしてくれるミトコンドリアの働きが
活発でないとダメということですね。

 

 

そのミトコンドリアの働きを活発にしてくれる成分がコエンザイムQ10なのです。

 

 

効率的な脂肪燃焼にはカルニチンとコエンザイムQ10を併用しましょう。