カルニチンの副作用に気をつけて

カルニチンの副作用

カルニチンには副作用はあるのでしょうか?

 

 

カルニチンには様々な効果があり、健康や美容の為にも有効な成分です。

 

 

また、脂肪の燃焼を促進してくれる効果があり、
ダイエットサポート成分として人気があります。

 

 

そのため、長年に渡って老若男女問わず愛用されてきた実績があります。

 

 

カルニチンは元々人間の体内で生成できる栄養素なので、
安全性が高い栄養成分であるといえます。

 

 

羊肉や鹿肉、牛肉、豚肉、鶏肉などに多く含まれているため
多めに摂取しても問題となるような副作用はありません。

 

 

そのうえ、サプリメントから摂取しても、
副作用が出る可能性は少ないと考えられています。

 

 

また、カルニチンは心臓病の薬として研究されてきた成分で、
様々な臨床試験によって安全性が確認されています。

 

 

カルニチンを摂取したことによる
重大な副作用が起きたという報告はされていません。

 

 

ただ、過剰摂取すれば
何らかの副作用が身体に現れる可能性はあります。

 

 

カルニチンの過剰摂取による副作用として、
吐き気や嘔吐、胸焼けや胃炎、下痢が知られています。

 

 

また、カルニチンの過剰摂取が長期に及ぶと、
腎臓障害を起こす可能性もあるとされています。

 

 

ただし、カルニチンの摂取用量を守っていれば、
ほとんど副作用の問題ないといえます。

 

 

厚生労働省によると、カルニチンの1日の摂取量の目安は、
1日当たりの摂取量の上限は1000mg以内とされているようです。

 

 

また、体重からみるカルニチンの1日の摂取量は、
生活習慣や体質により必要量は一律ではありませんが、
1日あたり体重1 kgにつき20 mgを目安としています。

 

 

また、普段から運動やトレーニングをしている方の
理想のカルニチンの摂取量は、1日あたり1000mg〜3000mgの摂取です。

 

 

また、授乳中においても安全性が示唆されており、
母乳や調整乳に添加しても副作用は報告されていません。

 

 

それでも心配な方は、お医者さんに相談しましょう。